薄毛治療は皮膚科に行くべきでない理由

薄毛治療は体内ホルモンが関係しており、皮膚が問題ではない

薄毛治療は皮膚科でもいいのかどうか、悩んでいる方も多くおられます。

頭皮は皮膚だから、皮膚科が正解と思われているかもしれませんが、 薄毛治療は、皮膚科には行くべきではありません。

簡潔に、理由を答えるとするならば、以下の通りです。

もちろん、皮膚科でも薄毛の治療は行われている場合がありますが、 あくまでも「皮膚科」であって、「薄毛治療の専門」ではありません。

皮膚科は、主に「アトピー」「にきび」「水虫」「かぶれ」など、 皮膚の炎症などに関する治療を行っている場所です。

薄毛治療は、ホルモンの働きが影響して起きているものであり、 皮膚が炎症を起こしているわけではありません。

つまり、根本的に治療する箇所が異なっているという事なのです。

皮膚科で薄毛治療を行っているところもありますが、 薄毛治療の専門であるAGAクリニックよりも、患者数が少ないのが実情です。

そのため実績もあまり無く、また、専門的な技術も伴わない場合があるため、 皮膚科で薄毛治療を行っても改善が見られなかった方は多くおられます。

あくまでも、本業は皮膚に関する治療ですので当然のことです。

ちなみに、皮膚科での薄毛治療は、言い方は悪いですが、 本業のついでに・・・というような位置づけでの治療がなされています。

薄毛の治療を行いたいのに、効果があるのか無いのかわからない治療や 一般的によく聞く名前の薬を出されたところで、 本当にそれが自分に合った治療法なのかという点は分かりません。

専門のAGAクリニックに行き、医師と相談しながら、 自分に合った治療法を行っていただくほうが、結果も出やすいと言えます。

確かな知識を持って治療していただけるため、 自分の不安な点や疑問な点などを、詳しく聞くことも可能です。

つまり、薄毛治療の専門の知識と、高い技術を誇るAGAクリニックに行くことが 薄毛治療を行っていく上で、最善の策となるということです。

絶対に皮膚科に行くなというよりも、 自分のためを思うのであれば、専門のクリニックに行くべきなのです。